とねり内科

問診票はこちら
初診受付はこちら

とねり内科

Cardiology

Cardiology循環器内科

一般内科

循環器内科
(心臓と血管の内科です)

循環器内科では、狭心症・心筋梗塞、心不全、不整脈などの心臓の病気や、動脈瘤、動脈硬化など血管の病気の診療を行います。
胸痛や動悸、息切れ、足のむくみ、失神、めまい、手足の冷えや痛みなどの症状でお越しになる方が多いですが、血管は全身に張り巡っていますので、どんな症状でもご相談ください。
循環器疾患のリスクとなる生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病など)にも対応しております。

狭心症

動脈硬化などが原因で心臓を養う血管(冠動脈)が狭くなると、心臓が酸素不足となり、胸の痛みや、圧迫感、しめつけられる感じ、息切れなどの症状が現れます。肩や顎、腕が痛くなる事もあります。
最初のうちは、心臓がたくさんの酸素を必要とする運動時だけに症状が出る事が多く(労作性狭心症)、休むと治まる事が多いのですが、病気が進行すると安静時にも症状が現れるようになります。
狭心症が疑われる方は、運動負荷心電図検査、冠動脈CTや冠動脈MRI検査、心筋シンチグラフィーなどの精密検査を行い、冠動脈カテーテル検査で診断を確定します。
症状が安定していて、血管を広げる薬や、心臓を休ませる薬、血液をサラサラにする薬などを内服していても日常生活に支障を来すようであれば、カテーテルによる治療、冠動脈バイパス手術などが必要になります。

狭心症の中には、冠動脈が動脈硬化で狭くなっていなくても、冠動脈が痙攣・収縮(攣縮=れんしゅく)し血流が悪くなり、胸が痛くなる場合があります。この病気を「冠攣縮性狭心症」といいます。痙攣・収縮は深夜や早朝の発作が多く、大抵の場合運動とは関係なく起こります。カテーテル検査を受け、痙攣を誘発する薬を冠動脈に注入して痙攣による症状と、心電図変化が起これば診断が確定します。治療は、血管を拡張するお薬を内服します。

胸部症状を自覚するときには、早めに検査を受ける事が大切です。

心筋梗塞

動脈硬化よって生じた冠動脈のプラークが、何らかの拍子で破れると、血液の塊ができて血管を塞いでしまう事があります。一定の時間、酸素が供給されなくなると心臓を構成する筋肉の細胞(心筋細胞)は死んでしまいます。心臓は、酸素をたくさん消費しており、他の臓器と違って再生能力がないため、一度死んだ箇所は生き返りません。一刻も早く血液の流れを再開させる必要があります。
 心筋梗塞によって心臓が痙攣すると、一瞬で全身に血液が巡らなくなり、病院にたどり着く前に亡くなってしまう事があります(いわゆる心臓マヒです)。このような場合は一刻も早く体外式除細動器による電気ショックで心臓の痙攣を取り除く必要があります。自動化された体外式除細動器(AED)の使い方は簡単ですので、消火器と同じで、一度は訓練などで使用してみてください。
胸の痛みは冷や汗を伴うように激烈な事が多いのですが、高齢の方や糖尿病がある方は症状が軽い事もあるので注意が必要です。また、顎や肩の痛み、胃の痛みである事もあります。おかしいと感じた場合は、救急車を呼んでください。
治療には、血管を再開通させるためにカテーテルを用いる方法や、詰まった箇所をバイパスするように血管でつなぐ手術などがあります。

弁膜症

心臓には4つの部屋と4つの弁があり、血液の流れは一方通行になっています。弁が加齢や細菌感染などで壊れると、血液が弁を通過しにくくなったり(狭窄)、逆流したりします。息切れや浮腫み、失神やめまいなどの症状や不整脈が起きます。この状態を弁膜症と言います。これらの異常は、心臓の超音波検査を行うと、その場ですぐに分かります。
軽い場合は利尿剤などの薬物治療が中心となりますが、病状が進んでくると手術が必要となる場合があります。病状が進みすぎた場合は、手術をしても心臓の機能が回復しない事があるため、そうならないように定期的な診察と検査が大切です。
当院では最新式の心臓超音波検査を揃えており、また高次医療機関と連携をとっております。
心臓の雑音を指摘された方や、息切れや浮腫み・めまいなどの症状をお持ちの方はご相談ください。

心不全

心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です。
主な原因として、

  • 高血圧
  • 心臓の筋肉自体の病気 (心筋症)
  • 心臓を養っている血管の病気 (心筋梗塞)
  • 心臓の弁が狭くなったり、閉まりが悪くなったりする病気(弁膜症)
  • 脈が乱れる病気 (不整脈)
  • 肺の病気(肺高血圧、肺気腫など)
  • 全身の病気(糖尿病、甲状腺、ビタミンB1欠乏など)

などがあります。

あまり知られていないのですが、日本において循環器疾患で亡くなられる方は癌に次いで多く、心不全を発症すると5年後には約半数の方が亡くなるという報告があります。
適切な治療を受けずに放って置くと悪化を繰り返して、寿命を縮める病気ですので、「心臓が悪い」と言われた事がある方は、一度お越しください。

不整脈

心臓は1分間に60〜90回くらい拍動しており、1日約10万回、規則的に拍動し、全身に血液を送っています。心臓が不規則に動く状態や、心臓の動きがゆっくりになる状態、速くなる状態の事をまとめて不整脈と言います。
一口に不整脈と言っても多くの種類があり、放置してよいものから、命に関わるような危険なものまで、さまざまです。
心臓の発電所や電線に異常がある場合もあれば、心臓の血管や筋肉、弁の異常のサインである可能性もあります。動悸や胸痛がある方、健診で心電図の異常を指摘された方はご相談ください。

急性肺塞栓症、深部静脈血栓症

椅子やベッドなどで下肢が動かせない状態が続いた場合、下肢静脈に血の塊ができて、それが肺の血管に飛んでしまう事があります。大きな血の塊が肺に詰まった場合、胸が痛くなったり、意識がなくなったり、ひどい場合には心臓が止まる事もあります。お年寄りの方の中には、知らないうちに血の塊ができる事があります。足のむくみ、ふくらはぎや太ももの痛みがサインである場合がありますので、こういった症状をお持ちの方は早めにご相談ください。

閉塞性動脈硬化症

足が冷たい方や、暫く歩き続けると足やふくらはぎが痛くなる方は、閉塞性動脈硬化症の可能性があります。これらの症状は、動脈硬化によって足の動脈が硬く細くなって、足が血液不足になるために起こります。
最初は歩いた時に足が痛くなるだけですが、血管の狭窄が進行するにつれてじっとしていても足が痛くなり、潰瘍ができたりします。重症化すると、足がくさってしまう事があるため早期の発見と治療が重要です。腰部脊柱管狭窄症という病気と紛らわしい場合がありますので、整形外科と連携をとって診療に当たります。